性別 女性
イニシャル M.A.さん
引きこもりになった時の年齢 24歳
引きこもりを脱した時の年齢 25歳
引きこもりしていた期間 1年

わたしが引きこもりになったのは24歳の時。その時には、約1年付き合った彼がいたのですが、その彼に振られてしまったことが原因でした。

彼と具体的には話をしたことはありませんでしたが、自分では結婚も視野に入れているほど彼に熱をあげていたのです。そのために振られた時のショックは大きく、部屋に引きこもってしまいました。

彼との出会いと別れ

彼と出会ったのは同じバイト先だったからです。彼は私よりも1つ先輩だったので、私の指導係として一から教えてくれました。一方私は大学を卒業して就職浪人中。

そのためにこのバイトが初めての社会経験であり、身近に接した上司というのが彼だったのです。そのために仕事は出来るし、凄くかっこよく見えました。それから私が告白をしたことにより付き合い始めました。

その後彼は本格的に就職が決まり、バイトをやめていきました。それまでは毎日あっていたのに、会えなくなった寂しさ、そして彼が仕事に集中しているので、放っておかれているという孤独感から、彼を束縛するようになり、彼はそれを重荷に感じ、私に別れを切り出したのです。

引きこもりの始まりは突然に

彼と別れてからすぐに引きこもりになったわけではありません。もちろんバイトをしていたので、それは責任を果たすべく毎日行っていました。

でも彼の別れが本当に精神的に辛く、仕事を続けるのも嫌だと思ったのです、それから一か月後にバイトをやめることにしたのです。バイトをやめてからは時間もでき、余計に彼のことを考えてしまう悪循環になりました。

そして部屋から出る気もなくなったのです。泣くことは多く、精神的にもつらい、こんな私を誰にも見てほしくない、そう思い部屋から出れなくなったのです。

私を癒すのは、パソコンだけ

引きこもりをするようになり家族は心配していましたが、すぐに出てくるだろうとあえて放っておいてくれました。それが唯一の救いでしたね。

そして私は自室でパソコンで同じような失恋で苦しんでいる人とチャットをする毎日。それが延々と続きました。

そんなある時、一人の仲間が、「今度外に出てみようと思う。一緒にどう?」と誘ってくれたのです。

私はちょっと怖かったけれど、その誘いに乗ることに。正直を言うと外の世界は気持ちよかった!外に出ると自分はちっぽけで周りには人がたくさんいる。

男性は彼ひとりじゃないのに、どうしてこんなに悩んでたんだろうという思いが自然とわいてきたのです。それから少しずつ外に出るようになり、引きこもりを卒業することが出来ました。