性別 女性
イニシャル M.I.さん
引きこもりになった時の年齢 21歳
引きこもりを脱した時の年齢 26歳
引きこもりしていた期間 5年

学生時代、クラスメイトから何度かいじめられた経験があります。友達にも無視されて、でも数週間経つと元通りになります。そうした経験から人間関係に対して臆病になり、少しの事でも自分の殻に閉じこもってしまうようになりました。

高校を卒業した後はフリーターをしていましたが、バイトも人間関係に悩んで辞める事が多かったです。

友人の裏切りや職場同僚からのいじめがきっかけ

それまで3~4日家に閉じこもる事はあっても、何年間も引きこもりになる経験はありませんでした。しかし20歳の時にバイト先でいじめられた事や友達に裏切られた事により、引きこもる事になりました。

書店バイトで、学生時代から仲良くしてくれていた友人から誘われて入ったのです。友人もいるし、最初の数日は楽しくバイトを出来ていました。

でも勤めて1週間程経った頃から、他の同僚の態度がよそよそしくなってきたのです。挨拶も無視されて、私の方を見てこそこそ話す事もありました。

その中には友人の姿も混じっていて、学生時代にいじめられた記憶が蘇りました。その状態がもう数週間続き、とうとう聞こえよがしに悪口を言われるようになりました。

辛くなり店長に事情を説明して退職した数日後に悪口に参加しなかった同僚に外で偶然会ったのです。その時に、友人が私のいじめられた過去を、皆に言いふらしていたと知りました。裏切られたという事がきっかけで、働くのも人に会うのも辛くなってしまいました。

両親は呆れてしまい私は素直に言う事を聞きたくなくてもっと心を閉ざした

両親と住んでいたので、バイトを辞めた事を伝えるとあまりフラフラするな、と怒られました。それにもうんざりしてしまい、自室に引きこもる生活になりました。

もう両親とも誰とも会いたくなくて、誰の事も無視していました。自室は鍵がかけられるのと両親は共働きだったので、2人のいない昼~夕方の間にお風呂に入り、冷蔵庫に入れてあるご飯を食べました。

眠る時間はまちまちで、朝~昼までの時もあれば夕方~明け方までの時もありました。2時間しか眠れない日も10時間以上眠る日もあって、体が辛かったです。

両親は私の部屋の前で毎日扉を叩いては「出てきなさい」とか「いつまでだらけてるの」「大人なんだから働け」と言いました。それが嫌で、素直に言う事を聞くのは癪で益々閉じこもりました。

部屋から出ずに気づけば5年も経っていました。その間のお金は、ポイントサイトやネットの内職で稼ぎました。何せ時間はたっぷりあったのと、誰にも会わずに働けるので月に数万稼げましたし、使い道も特になかったので貯金が出来ました。

引きこもりを脱する事が出来たのは沖縄の美しい景色を見たから

ある時、まとめサイトか何かで「死ぬまでに見たい景色」というような、綺麗な景色の写真まとめを見つけました。日本各地の見た事もない美しい風景が素敵で、私は何をやっているんだろうとふと思ったのです。

貯金は50万を越えていたので、一度くらいは見に行ってみようかと思いました。両親に「旅行に出かけます、3日後に戻ります」と書置きを残して出ました。

それまでは家から出なかったのに、その時何年ぶりかに外へ出て頭がくらくらしました。人酔いしそうになりながら電車に乗って、目的地の沖縄へと行きました。

そこで3日過ごして、気持ちがスッと落ち着いたのが判りました。何となく、これからはもう大丈夫だと思えたのです。それから家に帰って、すぐバイトを探しました。

また綺麗な景色を見に行きたい、ただその一心で働きました。引きこもりを脱却できると思わなくて、毎日空しい生活でしたが、何だか案外あっさり脱する事が出来て安堵しています。

過去を振り返ると辛い、でも未来は明るい

過去の私は、何も無い抜け殻のようでした。人の事が嫌いで苦手で、両親さえも疎ましく感じていました。でもちょっとでも目標を見つければ、そこから抜け出せるのだと思いました。

今引きこもっている人は、外に出るきっかけがないのだと思います。何か少しでも見たい物、したい事、会いたい人さえ出来れば、きっといつか外へ出られます。アニメでも風景でもアイドルだっていいです。何か一つでも自分の目標を、小さい事だっていいので持つ事が出来れば後は靴を履くだけです。