引きこもりから仕事を開始する人にとってどうやっていくかは課題なところが多いですよね。

ここでは引きこもりから仕事を開始をどうするかをいくつか紹介いたします。参考にされると幸いです。


ハローワークにいき職業相談をする

ハローワークにいきますと、引きこもりの方が仕事をするための相談場所があります。もちろん無料で行っています。

相談日時は自治体で異なるのでホームページで確認することをしてください。職業相談は外部には秘密事項になっていますし、相談をうける人は、いろいろな難題をもっている人の相談相手をして仕事探しを協力してくれるプロの相談員ですから安心して相談してください。

自信回復のためにボランティアをする仕事に就く

もしも、人間関係や仕事に対して不安があるなら、お金をもらいながらボランティアをする仕事があります。自治体によって有償ボランティアの仕事は異なるので、役所にいって相談されるといいです。

アルバイトから始める

まずはいきなり正社員で面接したり働くには、引きこもりの方からしてみたら大きな壁になっているときが多いです。もしも収入にゆとりがありましたら、アルバイトから仕事をはじめることをお勧めします。

アルバイトの面接では引きこもりのことはいわなくてもいいので、無職であったことは素直に認めて、仕事をしたいことをアピールしていきましょう。

意欲があるだけでもアルバイトとして採用してくれる企業はありますし、自分ができそうで好きな仕事のアルバイトがいいです。

家族にしっかりとサポートしてもらう

引きこもりから脱出して仕事をする上で家族に働きたいという意思をしっかりとみせますと、家族は協力してくれる可能性が高いです。

家族の方が喜んでいる姿をみせると働こうとする意欲がまた増します。注意したいのは家族のために仕事をするのではないので引きこもりから無理して仕事をきつくすることは慎重に考えてくださいね。

仕事の面接は落ちても仕方がないと割り切る

もしも仕事を探して面接をしたときに、面接で落ちることはあります。引きこもりの方でなくても、普通に働いてきた人でも面接は落ちることはよくありますので、面接でおちかからといって自己否定をしないで次の仕事の面接に備えてください。

自分にあった仕事はきっとあります。