引きこもり原因には様々で、学生の時分にはいじめが、大半であり、また教育的なところから学業に付いていけなくなるところからが原因とされます。

また社会人になってからは、仕事の相違や上司からの指導の厳しさから、仕事場への拒絶がでてそのまま家に引きこもりと言ったケースが目立ちます。


小、中、高における引きこもりになる原因

私の時分にはあまり無かった印象に見受けられるいじめの問題ですが、ここ数年で深刻になっています。最近ではスマホやアイフォンの普及で情報も直ぐ飛び交う時代になっています。

またSNSなどの過度の書き込みでよく逮捕者が出ている事も現状です。いじめに関しては、昔のようにケンカや討論だけで済むような問題でなくなっている分解決法が困難であることは言うまでもありません。

対人関係が悪くなって行き学校の先生に相談しても進展しないため学校に行くことが苦痛になり引きこもりとなるが多いように見受けられます。

どうすれば解決に向かえるか

まずは身近なところで正直に話し合える友人を作る事を考えればいい方向に向かえるのでは、ですが1番大事なのは勇気です。

思い切って人に打ち明ける事はとても勇気がいる事です。でも行動しなければ進展が無いの言うまでもなく、自分を変えるためには必要な事です。

一人で考えるより取り多くの人と考える方が、遥かに前向きな回答が得られるためそこから改善していけば、自ずと引きこもる事が少なくなります。

社会人に置いての引きこもりとなる原因

社会人で何年も勤めて行けばいれば少ない問題でありますが、新卒者に多い問題であります。

学生から初めて社会人になり、まずそのギャップからの問題、そして、上司や会社の人との関係などの問題です。初めなので仕方が無いと言えばそれで済みますが、働くことは男性であれば一生付きまとう事で、その点は入社する以前から人生設計を考えていかなくてはならない事になります。無論、そんなことは考えられないと言うのが現状であります。

どうすれば解決に向かうか

根本的な事を考えましたら、今では就活の時点での見極めが重要です。ですが就職難と言われる時代で良い企業に勤める事を考えると、見極める事は難しい問題であり、選べないのが現状と言えます。

ですが1番重要なのはこの先も長い間勤められるかこれが問題であります。また仕事以外の事で趣味を持つことそれもストレス解消の事を考えますと、良いように感じます。

とにかく自分での解決法を知っていくことが大事です。