引きこもりになっている人の心理状態がわかることよって引きこもりから抜け出すポイントになります。

ひきこもりになる心理にはしっかりと理由があります。

引きこもりになっている心理状態がわかるようになって引きこもりから脱出できることができたら幸いです。


いじめれられて引きこもりになっている

引きこもりになっている人は、会社や学校などでいじめられて、心が疲弊しているケースがあります。いじめられた人は社会への不安が非常に大きくなっています。いじめられているのは、いじめられた人が悪いのではないということを周りが理解しましょう。

親から過剰な期待をされてきた

親からレールをしっかりとひかれてきて、親の期待に応えれなくて引きこもりになっているケースがあります。例えば、学歴への期待で、いい大学へいくのが当たり前と親から子供へ、過剰な期待があり子供が達成できないと子供は自己否定してしまうケースがあります。

親はもしも子供が引きこもりになった理由が、子供への過度な期待を、引きこもりになっていましたら、子供への過度な期待をやめましょう。子供へもっと子供のやりたいことを尊重させてあげましょう。

劣等感から引きこもりになっている

引きこもりになっているケースで、劣等感から引きこもりになっていることがあります。学校や社会で他人と過度に比べてしまい、自分が他人と劣っていて、どんどん自分をおいこんでしまい劣等感を感じてしまうと、引きこもりになってしまいます。

周りの方は、引きこもりの人に対して、劣等感はもってもいいけど、他人は他人で自分の良いところを強化したほうがいいことを教えてあげましょう。

精神病でひきこもりになっている

ひきこもりになっているのは、精神病からなっているケースがあります。

統合失調症やうつ病、強迫性障害、発達障害、アスペルガー症候群など精神的な病からひきこもりになっていましたら、精神科などメンタル系の病院受診をすることが必須になります。

自力では精神病はなかなか治らないでの、しっかりと病院受診して引きこもりをなくしていく対策を病院の専門家チームと一笑に考えていきましょう。必ず早く病院受診してくださいね。