引きこもりになって後悔している人は世の中たくさんいますよ。

でも引きこもりから脱出できて社会生活に戻った人もたくさんいます。

引きこもりは日本で社会現象になっています。

10代20代30代40代50代と年代層も関係なく引きこもりはあります。

ここでは引きこもりになって後悔してる人が今後どうしたらいいかを紹介します。参考にされると幸いです。


引きこもりは脱出できると前向きになること

まずは引きこもりになって後悔している人は自分はこのままずっと引きこもりから脱出できないと思っている方は結構います。でも引きこもりは脱出できます。最近話題でポケモンgoで引きこもりが治ったという報道もありました。

引きこもりは脱出できるのです。自分で引きこもりから脱出したいという気持ちを少しでも持つことが大事になります。

親族に相談すること

引きこもりになって自分で引きこもりから解決しようとするのもいいですが、親族に協力してもらって引きこもりから脱出してください。

長年引きこもっていても両親な兄弟姉妹などは引きこもりから脱出したいと本人の口から言ってくれると非常に嬉しくて協力体制にはいっていきます。迷わないでどんどん親族に甘えて引きこもりから脱出しましょう。引きこもりの後悔の念は親族はよくわかっていますよ。

行政組織に引きこもりの相談をする

引きこもっていて、後悔委している人は両親など身近な人に相談できないとしたら、行政機関に引きこもりの窓口があります。

自分で窓口に行けないなら、パンフレットを自宅にとりよせて、電話で相談してください。行政機関の人は無料で自宅まで来てくれて相談にのってくれます。

自分が悩んで引きこもりになったことをすべて話せば引きこもりの脱出が早くできますよ。

精神科にいくこと

引きこもっている原因がもしかして、こころの病にある可能性があります。

精神科にいって引きこもりの悩みを相談してください。電話で精神科に相談すれば、ソーシャルワーカーが引きこもりからどうやって脱出してくれるかを相談にのってくれます。

病院受診できたら、引きこもりの状態をしっかりと医師に話してくださいね。心の病かどうかの診断をしながら、引きこもりから脱出してくれる方法を支援してくれます。後悔しないように前に進んでください。