引きこもりになっている人はなにかしら原因があります。

好きで引きこもりになっている訳ではありません。

好きで引きこもりになっていたら、「引きこもり」とはいいません。

ここでは引きこもりの原因を探っていくことによって引きこもりを治していくことを書いていきます。参考にされると幸いです。


社会に適応できなくて引きこもりになっている

引きこもりになっている人は、社会と適応できないという原因で引きこもりになっています。

どういった社会に適応できないといいますと、仕事の人間関係がうまくいかない、仕事でストレスがかかってしまい、自分をつぶしてしまう、仕事の能力がない、学校の友人とうまくなじめない、学力があがらない、隣人とうまく付き合うことができないなど、様々な背景になって引きこもりになってしまっています。

理由は様々であれしっかりとした原因があるので、社会適応できていないのなら、妥協してみることも大事になります。少し環境をかえることで社会適応が改善され引きこもりが治っていきますよ。

引きこもりは心の病になっている可能性がある

引きこもりの原因として心の病になっていることがあります。うつ病・統合失調症・躁うつ病・自律神経失調症などの精神疾患のために引きこもりになっている人が多いです。精神疾患を自力で治すのは困難なことが多いです。

まずは、医療機関を受診してください。精神科・心療内科・メンタルクリニックがいいです。引きこもりでも病院受診は少しの勇気で受診できますよ。

医療機関は引きこもりになっている人を多数診ていますから、安心して受診してくださいね。

引きこもりは孤独になっていることが多い

引きこもりの原因として孤独になっていることが多いです。現在は核家族になったり、一人暮らしのために、引きこもりが発見されなくなっていることが多いです。

家族に相談できないなら、行政機関の相談してくださいね。近くの役所に相談窓口があります。まずはインターネットや本で近場の行政窓口の引きこもり相談を探してくださいね。

行政機関は無料で引きこもりの相談をしてくれますから、安心して相談してくださいね。きっとあなたの助けになってくれますよ。