だいぶ前から引きこもりをする若者が社会問題となっています。

今はあらゆる年齢層の人たちも引きこもりになる可能性が大きいのですが、実は家庭の主婦こそ引きこもりになりそうな理由がいろいろとあるのですが、専業主婦となるとどうしても引きこもりの大きなきっかけになる問題が身近にあります。


引きこもりの主婦の特徴

人混みがとても苦手で、にぎやかな商店街を歩いていくのも億劫な時が多く、しかも周囲がうるさい笑い声と話し声に対してイヤな思いを感じます。

専業主婦をしていると生活のパターンが食い違うためにどうしても今までの仲の良い親友とのつき合いがだんだん少なくなってきます。人とのつき合いが苦手なためにママ友などを作ろうとしても、人と話をすることが苦手なために、ママ友と会話をすることが苦痛に感じてしまい、やがて話がかみ合わないことで会話の中に入ることができません。

自宅の環境が素晴らしく過ごしやすい空間のために、テレビの前に座るだけの生活を送ったりしています。なにもかも面倒くさく感じてしまい、化粧をするのも料理をするのもいやがる傾向になります。

引きこもりになりやすいの主婦の特徴」家庭に対して完璧にやろうとしている気持ちが大きく、家事に対して手を抜くのがイヤで完璧さを求めているためにちょっと挫折が原因でストレスになります。子どもに対して過干渉になってしまうし、過保護に世話をしすぎる。子どものためになにもかもを犠牲にしてしまったために子どもが離れたときには、すでに自分は取り残されてしまった場面に出会ったときに抜け殻になり無気力になってしまいやるきがでなくなってしまうことなどが多いです。

引きこもり状態から外出できるきっかけは

引きこもりをするのが嫌になって外に出ようとしても、足の筋肉が衰え歩いていてもすぐに疲れてしまいます。そのために、動くことも難しいために気分的にまた落ち込み引きこもりをしてしまう可能性がでてきます。

引きこもりを辞めたいと思っているなら体力をつけるために自分でトレーニングをするしかない。音楽を聴きながら、簡単にできるダンスをしてもいいです。

身体を動かしただけでもいい気分転換になりますし、それに体力をつけるためのトレーニングになります。そうやって体力をつけたら、外に出る気持ちになります。