性別 女性
イニシャル O.Y.さん
引きこもりになった時の年齢 31歳
引きこもりを脱した時の年齢 32歳
引きこもりしていた期間 1年

私は働いている職場で「負け」を感じて引きこもりになりました。

30代になってからの引きこもりだったので、大分親には苦労させましたね。すごく親は心配してくれました。

私は職場での敗北を引き金にして引きこもりになったのです。自分でも本当に情けないと思います。

でもあの頃の私は精神が弱すぎたのだと思います。完全敗北して自分の内側に引きこもってしまいました。

後輩に負けたことに挫けて引きこもりになった!

職場にとある後輩が入社してきたのです。それまで仕事に一生懸命取り組んでいた私ですが、この後輩とものすごく比べられましたね。先輩たちはみんなこの後輩が大好きで、私よりも仕事ができることから可愛がっていました。

このせいで私はすごく肩身が狭くって、後輩に負けているのをひしひしと感じて落ち込んでいったのです。後輩に仕事の効率の良さで負けてしまっていて、心が挫けました。

こうして仕事を辞めることにしてそのまま引きこもり生活をしました。

家族とぶつかり合う毎日!変わりたくなった

引きこもり生活は1年くらい続きましたが毎日のように家族とぶつかっていました。仕事をしたくないと拒む私と「何言ってるんだ」と怒る父で毎日対立します。

家庭内はいつもピリピリするようになってものすごく雰囲気が悪かったです。こんな風にぶつかっている内に徐々に私も気持ちが変わっていきました。ちょっとずつ「変わりたい」と思うようになったのです。

引きこもりを責められ続けるのが嫌で、今の状態から少しでも変われたらと思って外に出るようになりました。

アドバイスは自分の気持ちの変化を待つこと

引きこもりの人はまずは自分の気持ちが変化するまで待ちましょう。

あなたは今心が傷ついて落ち込んでいるのです。だから引きこもりになります。最初はこの心の傷を治すことから始めましょう。家で居たら段々と家でいることが暇になります。

そして何かしたくなるのです。この気持ちの変化が出てきたら、すぐに外に出る準備をしてください。気持ちの変化が起こったらそのタイミングで外出を初めて、脱引きこもりをしましょう。

ここから徐々に外に出ることに慣れて行けば引きこもりから脱出できますよ。