性別 女性
イニシャル N.I.さん
引きこもりになった時の年齢 24歳
引きこもりを脱した時の年齢 25歳
引きこもりしていた期間 1年

私は24歳のときに仕事を始めました。ちょっといろいろとあって就職するのが遅かったです。

初めに入った職場がすごく環境が悪いところだったんだと思います。

そこで私は酷い目にあって引きこもりになりました。確実にここで出会った意地悪なおばさんたちのおかげで、私は外に出られなくなりました。

あの頃は本当に人に会うことすら怖かったですね。そんな出来事があったのです。

職場いじめに遭った!トラウマになって外出不可

私は職場で酷いいじめの被害者になりました。そこにはイジメまがいのことが蔓延していて、入ってきた人がどんどんターゲットにされていじめられていたのです。

丁度前の人が転職したことで私が入ってきました。大人しめの私は絶好のターゲットになったらしくて、そこからネチネチしたいじめを受けました。もう辛かったですね。私への影口や無視や嫌がらせ、私だけに課せられた仕事量に泣きそうになりながら仕事をしていました。

このトラウマから人が嫌いになって部屋に引きこもるようになりました。

献身的な母に申し訳なくて引きこもりから抜け出た

家族はそんな私をひたすら慰めて、明るくしてくれようとしました。人が怖い私の代わりに母はいつも対応してくれたし、私が引きこもっていても引きづりだそうとすることもなく、私をそっとしておいてくれたのです。

この優しさには泣きました。こんな母に心配をかけちゃいけないと思って私は外に出ることにしたのです。引きこもりから抜け出たきっかけはおそらく母のこの献身的な行動にあったと思います。

大事なのは自分の気持ち!頑張ろうという意志!

引きこもりから抜け出て、私は引きこもりから脱するために一番大事なのは「出たい」という自分の気持ちだと思いました。引きこもりから抜け出て、頑張ってみようという気持ちがすごく大事です。

自分で変わろう、頑張ろうとする意思があればいくらでも引きこもり生活から抜け出せるのです。この自分の気持ちが大事なんだとよく分かりました。

そしてそれを手助けしてくれる存在がいたら引きこもり生活から抜け出すことができるでしょう。今もまだ引きこもりに悩んでいる人は「頑張って社会復帰したい」という気持ちの変化とそう思ったときに勇気を振り絞って出て行くことが大事です!