性別 女性
イニシャル N.N.さん
引きこもりになった時の年齢 16歳
引きこもりを脱した時の年齢 20歳
引きこもりしていた期間 4年

学生の頃に私は引きこもりになりました。自分がまさか引きこもる未来なんて考えていなかったです。

小さな小さなきっかけです。でも私には大きな出来事でした。

今思うとすごく私は心が弱かったんじゃないかと思います。よく考えたら引きこもるような出来事じゃなかったかもしれないです。

でもこの頃の私はこの仕打ちに負けて学校に行けなくなりました。

引きこもりの原因は小さなイジメだった

私は良く下校後も一緒にいるお友だちがいました。その子とは別に幼馴染というわけでもないのにとても気が合って放課後はいつも一緒にいたし、一緒に遊び歩いていました。

すごく信頼していたのです。だけどその子の彼氏が私のことを好きになってしまったことがあって、それをきっかけに変わったのです。私のことを無視したり、酷い悪口を言ったりするようになりました。

それを友達を通して聞いてしまって、私はすごくショックを受けたのです。別に私がその彼氏を誘惑したわけでもないのにそんな噂も立てられました。そっから物を隠されたりのイジメがありました。

これがきっかけで私は気持ちが挫けて学校に行けなくなったのです。

母がいつも泣いていて自分を責めて辛かった!

引きこもり生活は最悪でしたね。何の楽しいこともなく家でじっとしていました。やることと言えばテレビを見ることくらいです。

母の泣く声が扉越しに聞こえてくることもあってとにかく辛かった思い出です。いいことなんてほとんどなかったです。泣いている母の声を聞くといつも胸が苦しくて、自分が嫌になりました。それでも外に出られなくて辛かったです。

気持ちが変わったのは夢を持ってから!

私は引きこもりを抜け出すきっかけは夢ができたことにあります。私は引きこもっている間にいろいろと自分の将来のことを考えるようになりました。

先のことは本当に考えるのが恐かったけど、このままじゃいけないと言う気持ちが強くて、自分の将来にしっかり向き合ってみたのです。そして自分がやりたいことを見つけました。

夢を持ったら、なんとなくその夢をかなえるためのことを調べ始めて、そうして自然と引きこもりを抜け出しました。引きこもりを抜け出して、すごくホッとしています。今は過去の自分の弱さも受け止めて、夢に向かって動き出しました。

過去の自分は本当に弱かったのです。今苦しんでいる方はちゃんと自分と向き合ってみてください。自分と向き合って恐くても自分の将来のことをよく考えてみるのが良いと思います。