現在、年々増加している「不登校」問題。

それは小学生から大学生の子供にまで及んでいます。

不登校というと、学校でのいじめと思われがちですが、子供の数と同じくらい、その原因も千差万別です。では、そんな不登校にはどんな原因があるのでしょうか?

不登校になる原因で多いものは何があるの?

これは結構見逃しがちな事ですが、学校を休み始めると、親はすぐにいじめと判断してしまいがちです。

しかし、以外と子供自身の問題がで不登校になってしまうケースが多かったりします。それは本人にもはっきりと何が原因とは分からないもので、何故学校へ行かれないのかと問いただしても、答えられない場合があります。

その中でも何が原因かと言えば、・学校での勉強が分からなくてつまらない。・友人とうまく付き合えない・思春期特有の情緒不安定など、どれにしても、家での親の接し方で緩和されたりする事が多いです。

親は子供に対してうるさく世話を焼くのではなく、じっくり子供の話を聞いてあげる事に気をつけてあげるのが大切な事です。

家庭環境の影響で不登校になったりもする?

家庭環境でのトラブルで不登校になるケースは充分あります。

まずは夫婦関係の不和です。子供は両親の仲が良くない事には、大人が想像する以上に悲しい事柄です。学校生活で1日頑張ってきたのに、家の中では両親がギクシャクしていては子供の休まる場所がありません。

また、親が子供に無関心という場合も不登校の原因になります。子供にとって親は世界で1人しかいない存在です。そんな親に無視されるような事があるのは、自分の存在を否定されているのと同じに感じてしまうからです。

不登校の原因で外せない学校でのトラブル

やはり学校で友達にいじめられた。という問題は後を絶ちません。今は単に悪口を言われる、とか無視されたというものばかりではなく、ネット上でのいじめも蔓延しています。

親や教師の知らないところでの暴力行為や金品の請求。脅し。など、いじめを超えたものまであります。そんな事があっても周りに心配かけないように誰にも言えず、結局は不登校になり外へ出られなくなってしまいます。

しかも、今は子供同士のトラブルに加えて、教師から受けた対応で不登校になったりもします。相談事があってもちゃんと聞いてくれない、自分の事をきちんと評価してくれない、など。

神経質な子供にとって、大雑把に事を片付けらるのは耐え難いもので、また、その逆もあります。この学校でのトラブルは根強い問題になっています。

家庭や学校での問題以外に不登校になる事は?

今は子供自体に障害があって、他の子供達と馴染めない事や学校という場所に適応出来ない、という事があって不登校になってしまうケースがあります。これは周りが認知しているなら、それなりの対応が出来ているはずですが、特に気にしないでいると見過ごしてしまう事があります。

その場合、子供は長い間苦しむ事になってしまい、次第に学校へは行かれなくなってきます。親は特に子供の状態をよく観察して、何か変わったところが見えた時には、それなりの対応を早めにしてあげる事が大切です。