今色々な原因から、引きこもっている人がとても増えています。年齢も色々で、若い人もいれば働き盛りの方もいます。ですから、ひとつの型にはめての対応は出来ません。

引きこもっている人も、本当はとても悩んでいるのです。ご家族の方も、対応に心を悩ませている事ではないでしょうか?色々な対応をしても効果がないと諦めていませんか?

特に引きこもりの期間が長くなると、ご本人やご家族の方の支えだけでは対応仕切れないのが本当のところです。そんな時には、引きこもり支援センターに助けて貰いましょう。今回は、引きこもり支援について調べました。

社会復帰の為には?本人の気持ちがキーポイント!

何らかの原因によって、自分を守る為に引きこもる事になっているのですが時間が過ぎる事で社会への復帰を考えるようになります。

この時に1番大事な事は、引きこもっているご本人が復帰したいと願う気持ちがどれだけ強いかという事です。これは、本人の気持ちが共わないと状況が進まないのです。

もう1つ大事な事は、ご本人の社会復帰を支える為にご本人を支える人がいるかどうかです。ご本人だけでの、社会復帰へ行動する事は困難です。

1つずつステップを昇ります!

社会復帰には、人との関わる事や支えられる事で人の優しさを感じる事が出来る事で家の他にも居場所があると感じる事が回復へのみちになります。そのためのステップがあります。

  • 最初のステップとして、同じ引きこもりの人が集まっている交流会等に参加する事
  • 次のステップは、引きこもり以外の人とのコミュニケーションをとる事
  • 最後には、正規雇用で仕事に就く事

引きこもり支援とは?本人に寄り添ってくれる!

家族に引きこもりがいる時には、家族以外の人には知られたくないと隠したがりして相談する事など考えられない人がいる事も現状にあります。

そのような中で、時間だけが過ぎ長期化してしまうのです。そして、引きこもっている時間が長くなる事で復帰をする事が困難になっているのです。

その為に、引きこもり支援に相談される事をお薦めします。支援センターは、ご本人の心に寄り添うして、自然と復帰へ繋がるようにしてくれます。引きこもり支援センターは各都道府県毎にあるので利用して下さい。家族にも、アドバイスを貰えます。

1人で悩まないで!

原因は色々とありますが、引きこもりのご本人は焦りや不安等があります。ですから、本当に頼りに出来る人がいる事が重大なので、支援センターに相談する事がベストなのです。

訪問対応もある!

ご本人が、外に出る事を拒んでなかなか受け入れられない時もあるでしょう。心は動いても素直に反応出来ない時もあります。そのような時には、訪問相談という方法もありますので相談されると良いでしょう。

支援サポートは必要?自分だけではない事が判る!

引きこもりになるまでには、色々な事が重なっています。仕事や家事に勉強等が自分の思うように進まずに、自信を無くしたりして家から外へ出る事が出来なくなります。

引きこもりが、時期が短く軽い症状時には支援サポートは必要ない時もあるでしょう。しかし、長期の引きこもりのケースではセンターの支援が大きなポイントです。

支援を受けたからといって、すぐに効果が出て外に出られるようになる事は難しいです。引きこもりの期間に比例するように、治療にも時間が掛かるのです。

経験者の話も聞ける!

引きこもり支援サポートでは、経験者の話を聞けるというチャンスもあります。自分だけが、こんなに辛い思いをしているのではないんだ、という事を知る事で自分も頑張るぞという勇気も出て来ます。

支援サポートを受ける為には?まずは相談から!

引きこもり支援サポートを、受けようと決めたのでしたらなるべく早く利用されたほうがいいです。引きこもりの長期化は、治療にも時間が掛かる事が多い為です。

今は、各自治体の支援センターだけではなく色々な支援センターが存在しています。その中で、社会復帰までたどり着いた方も多くいます。

焦る必要はありませんので、まず相談する事から始めましょう。ただし、引きこもり支援を受けるのだからと言ってご本人に無理強いして外に連れ出す事はしないで下さい。相談のみの時にはご家族でも出来ます。

その人に合わせて!

引きこもりになると、自分の力で回復する事は困難ですが正しいサポートを受ける事によって効果は期待できます。ポイントは、焦らずにその人に合わせて進めていく事です。

自分でも出来る事は?自分の自信に繋げる事!

今は社会問題にもなっている、引きこもりです。その期間が長くなれば、ご本人はもちろんの事ご家族の心労は計り知れない事でしょう。

ご本人も、社会復帰をしたいと思っても出来ない事に心を痛めている事でしょう。引きこもりも長くなるとそこから出る事が難しくなります。

だからといってけっして、諦めないで下さい。社会復帰する為には、専門機関の支援が不可欠になりますがご家族の協力の下ご本人でも出来る事をご案内します。

近くでもいい外出をしょう!

本屋さんでもかまいません、そこに行くという目的を持つことが大切になります。家から、歩きでも自転車を利用してもいいのです。目的地に着く事が、成果になります。「自分で動く事が出来た」という結果です。

自分の優れたところの確認!

どんな人にも良いところはあります。自分に自信が持てなくなっている時なので、気が付いていないだけです。まず、自分が出来る事を書き出してから見て下さい。自信に繋がります。

自分がしたい事を確認!

人はだれでも、「自分の力を充分に発揮できる仕事をしたい」と思っているのです。そして、結果を出して認められたいとも思っているのです。その事を、ご本人も確認した方がいいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、引きこもりと引きこもり支援センターと、ご自分でも出来る事についてご案内させて頂きました。