最近は子供ではなく、会社で働いていた社会人である大人が会社へ行く事が出来ない引きこもりが増えています。子供と違い家族にわかるまでに時間が掛かり、わかった時には重症になっているケースが多いです。

せっかく学校を卒業して、就職したのに会社での人間関係でつまづいたり仕事での事や、職場での配置転換などによる環境の変化等が原因になっています。

一度引きこもりになってしまうと、人によってはその後の生活も変わってきますのでそうならないようにする為に出来る事を調べてみました。

会社の前で激しい動悸?ストレスから適応障害かも!

適応障害とは、何か特定の出来事があり、その事が本人にはとても我慢出来ないくらい辛く感じるような事を経験した後に症状が気分や行動に現れます。

ストレスの原因は本人にも分かっているので、その原因から離れると症状は良くなっていきます。ただし、そのストレスの原因から離れる事が出来ない状態にある時には症状が治りにくくなり長引きます。

感情や行動に関しては、薬での治療になる時もあります。ただし、これは対症療法であり適応障害の治療には薬だけではなく、環境を整える事やカウンセリングが大事になります。

どんな症状になるの?

症状としては、仕事の上で何か問題がありその事がストレスの原因になっている時は出社する時は朝から気持ちが暗くなり、緊張して会社の前に着くと急に激しい動悸に襲われたりします。でも、休日は気分も楽になり自分の時間を楽しむ事も出来ます。

具体的な症状でわかりやすいのは、

  • 抑うつ気分があります
  • 不安が強くなります
  • 行動面で無断欠勤、危険な運転などがあります

カウンセリングを受けましょう!

これは、重症化しないうちにカウンセリングを受ける事をお薦めします。治療を受ける事でストレスの原因を取り除き、ストレスに対しての適応力を高める事に繋がります。

転勤で引きこもり?職場の人間関係がキーポイント!

会社の転勤で、初めての土地に引っ越して今までと同じ様に張りきって出社したのに今までの会社の雰囲気とは全く違う環境で心が寂しくなり引きこもる事もあります。

会社は仕事をする所ですが、仕事をする上でも上司や同僚とのコミュニケーションが潤滑剤になり仕事の成果も上げる事にも繋がる事があります。

ところが、今はパソコン等の普及が進み競争の中で人間関係よりも企業の合理化の流れが進み、皆ノルマに追われて余裕が無い状態に追い込まれているので人を気遣う事が出来ないのです。

専門の医師の治療が必要です!

人間関係から、精神的に疲れて引きこもりになった時には心を元気にする為に専門医への受診をして治療を早めに始めて下さい。適切な診断により、適した薬の服用で気持ちも楽になります。

引きこもりになる前の予防は?疲れを取り除こう!

会社で精神的に辛い思いをした他にも、会社での激務もストレスの原因になります。会社の有給を申請する事もしないでまじめに働く日本人は、有給が沢山残っている方が多いです。

普段から休まずに働いている方ですので、1か月くらい申請しても問題はないでしょう。もし不安でしたら連休と有給を合わせて2週間くらいでしたら大丈夫でしょう。

それも申請できる状態ではない時には、週末と有給を合わせて何日か申請してみてはどうでしょう。とにかく、心も身体も休ませる事が必要です。

リラックスしましょう!

毎日の、仕事からの身体的疲労を癒す為に会社からも社会の騒音からも少し離れて温泉にでも行きゆったりとリラックスしましょう。

引きこもりで会社を辞める前に?家で仕事する!

精神的な面や、肉体的な面での疲労で心が壊れてしまう前に出来る事のひとつに、出社する事が辛いのでしたら会社に行かなければいいそんな方法があります。

そう言っても会社を辞めるのではないのです、家にて仕事をするのです。会社に通い、辛い思いをして引きこもりになる事を考えれば最善のひとつといえます。重症化する前に考えて下さい。

会社に相談しよう!

最近は在宅での仕事が出来るようにしている会社も増えてきています。会社によっては週に1回くらいは、出社が必要な事もあるかもしれませんのでその時にはきちんと説明をする必要があります。

引きこもり予防で会社を辞める?まず生活費の確認!

どうしても、「この会社にいるのが辛い」、「たとえ家の中と言ってもこの会社の仕事をするのも嫌になっている」、という気持ちが大きい時には退職するのもひとつの方法です。

ただし、重要なのは退職した後の生活です。独身で実家暮らしなら、大きな問題は無いかもしれませんが結婚をして家族がいる時、親への生活支援が必要な時など人それぞれに違いがあります。

仕事を辞めるのは簡単ですが、その後の事を考える事が大事になります。ここでは、最低必要な支払いの事をご案内しますね。

年金の支払いはどうする?

会社に勤めている時には厚生年金への加入も出来て給料からその分引かれていました。その為、自分で支払ったという気持ちが無いでしょうが会社を辞めた後は自分で国民年金を支払わなければいけないのです。

もし支払いが困難な時には、退職後に役所で手続きをするのでその時に相談して下さい。方法は何通りかありますので良い方法をとられるとよいでしょう。

保険の支払いはどうする!

会社に勤めている時には健康保険は、全国健康保険協会などに入っているので給料から保険料が引かれていました。会社を辞めた後は、保険も国民健康保険に入る事になり支払いも自分で支払うことになります。

各市町村により、金額は違いますので退職後役所での手続きをする時に確認をして下さい。もし、支払いが困難な時にはその時に相談されると良いでしょう。

住民税の支払いはどうする!

住民税も勤めている時には、給料から引かれていました。辞めた後は自分で支払う必要があります。退職の日付により、支払い金額や方法も違いがあります。

1番注意が必要なのは、会社を辞めた後でも住民税の金額は前年度の所得で決まるのでその分をきちんと用意しておかないと、「お金が足りない!」なんて困った事になります。

まとめ

いかがでしょうか?今回は、最近増えている会社に勤めている大人の引きこもりの症状、原因とその対応、予防についてご案内させて頂きました。

若い人と違って、勤めている大人の場合引きこもりになってしまうと元に戻るという事がとても難しくなります。心の痛みが大きいので、復職する事もなかなか出来ないのが現状にあります。

そんな事にならない為にも、事前に出来る予防法もご案内させて頂きましたので、心も身体も限界状態にならないようにして下さい。ご家族の為、自分の為にも無理をしないで下さいね。